前へ
次へ

改革が急務となっている日本の医療に関して

改革を進めることで、良くなることがたくさんあります。
最たる例と言えるのが、医療ではないでしょうか。
大学病院の待ち時間は長いですし、高齢者にとっては大きな負担となります。
患者を分散させることで、医師の負担も軽くなるのではないでしょうか。
日本の少子高齢化は急速に進んでいますし、今のままでは医療保険制度が崩壊してしまいます。
早期に手を打つことが重要ですし、医師や看護師の数も増やすべきではないでしょうか。
新しいアイデアとして外国人労働者の受け入れも進んでいますが、やはり言葉の壁があるのは確かです。
そんな彼らに対して最大限のサポートをすることが、更なる日本の存在感にも繋がるのではないでしょうか。
人種や宗教を超越して、助け合いの心を示すことが重要だと言えます。
日本の医療技術を世界に発信させることで、欧米に対してもアピールに繋がります。
チャンスを掴めるかどうかで、今後の進む道も見えて来るのではないでしょうか。

Page Top