前へ
次へ

総合病院の医療を受けるなら紹介状が必要なことも

今や日本各地に病院が多い中、総合病院と町の病院との医療の役割分担が進められています。
すなわち腹痛や頭痛などといった日常的に発生する病気については町の病院で受診し、そうではない大きな病気については総合病院で受診するという体制です。
この体制は多くの地域で近年みられるようになっているところです。
こうした体制を敷いている地域では、総合病院の受診は町の病院の医師による紹介状がなければできないところが多くなっています。
また総合病院の中には眼科や皮膚科といった診療科目については扱わないようにしているところもあります。
眼科や皮膚科に関する病気の多くは緊急性を要するものが少ないため、総合病院の体制をスリム化するという意味で、このようにしているものです。
いずれにせよ住んでいる地域がどのような医療体制を敷いているのか、一度確認してみることが必要でしょう。
それによっていざとなったときには迅速に対処することができます。

Page Top